漫画との音楽コラボが実現!

このたび貴重な体験をさせていただきました。

漫画のキャラクターとのコラボです。

人生初!

 

石川県在住ながら

講談社少年マガジンエッジ」にて連載中の

「あまちんは自称♂」が単行本40万部を達成している

人気の漫画家 寺井赤音先生のもう1つの作品

 

ののって!野々市
の中に登場するキャラクター
椿矢亜子さん率いるバンド「ヤーコス」の曲

「カメリア」

の編曲、レコーディングさせていただいたんです!

 

歌っているのは「ほくりくアイドル部」。

彼女達の曲の中では珍しいロックテイストの作品となりました。

ライブでの披露も楽しみです。

(早くコロナが落ち着いてライブできる日が来てほしいですね。)

www.youtube.com

 

なんと動画内には

寺井赤音先生書き下ろしのほくりくアイドル部のイラストも!

 

 

ちなみにこの作品の中に登場するライブハウスの名前が・・・

 

NAN NAN N1(笑)!!

 

なんか似たような名前のライブハウスが金沢にあるような・・・

 

 

地域密着な作品です!

みなさま要チェックお願いします。

www.music-mam.com

曲にノリを出すには!?「鳴らさない」という演奏

昨日のレッスンで生徒さんから

「どうもノリが出ない。どうしたらいいですか?」

といった趣旨の質問を受けました。

 

そこでのアドバイス

「もっと休符を!」

 

生徒さんが制作中の楽曲の

ベースがあきらかに「弾き過ぎ」ていたんですね。

 

音楽のノリを決定づける

とってもとっても重要な要素の1つが

「ま。」

 

間です。

 

間のセンスがないアレンジは

ベターーとした印象になってしまい

ノリが出にくくなります。

 

音を鳴らすだけが演奏じゃない・・・

「鳴らさない」という演奏があるんだよ。

 

出たーーー!!

名言!!!←(自分で言うな)

 

f:id:MAM_funa:20200509113640j:plain

ノリを出すには「間」が大事です

グイグイとがっつく男は大抵モテません。

それと一緒です。(←は?)

 

例えを間違えました(笑)。

 

例えばファッション、

上から下まで全身ガラもので

センスよく見せるって相当むずいですよね!

普段なかなかそういう服装の人はいないと思いますし、

よっぽどの上級者じゃない限り

そんなコーディネイトおすすめできま・・・・

 

・・・ん??

この例えも上手くないな(笑)。

 

料理か!?料理ならいけるか!??

調味料入れすぎたら素材が台無・・・・この例えもなんか違う(笑)。

 

・・・まあ、とにかく!

休符を大事に!!

(例えあきらめたーーーーー!!!!)

 

DTMで音楽を作っていくぞー!

となると

 

どの音を

どの位置に

どの高さで

どんな強さで

どんな長さで

・・・と音を入れることに意識がいきがちですが、

 

どこに音を入れないか

どれくらいの長さ入れないか

「鳴らさない」という演奏に対する意識を高めると

一皮むけますよ!

 

ご参考までに。

 

MAM DTMスクールでは随時レッスン生を募集中しております。

現在、下は小学生、上は60代まで幅広い年齢層の方にDTMを楽しんでいただいており、

ソフトの使い方、作曲、編曲法、ミックス、マスタリングなどの制作術はもちろん、

現役クリエイターの経験による音楽仕事のノウハウも教えています。

 

未経験者、初心者から、プロを目指す方までOK。

お気軽にお問い合わせください。

www.music-mam.com

 

 

オンラインでDTM授業するには・・・試行錯誤中。

こんにちわ。

仕事で様々な音楽制作をしたり、

そのノウハウを個人レッスンや専門学校で教えたりもしている

音楽クリエイター、DTMインストラクターのフナです。

 

今、世の中の教育関係者、インストラクター、みなさん頭を悩ませながら試行錯誤しているかと思いますが、

例に違わず僕も近日はじまる予定の専門学校のオンラインDTM授業をどのようにおこなうか?

知恵を絞り、実験を重ねています。

 

マンツーマンのオンラインDTMレッスンはコロナ関係なく、ずいぶん前から取り組んでいたのでノウハウはしっかりあるのですが、

 

数十名を対象にした学校の授業となるとまた課題が変わってくるんですよね。

f:id:MAM_funa:20200504155218j:plain

学校のDTM授業のオンライン化に向けて試行錯誤中。

多人数で会話をするならやはりZOOM。

ただし、ZOOMだと音質面に不安があるんです。

 

先日、北陸DTMサークルのメンバー15人ほどに協力していただき、

ZOOMの画面共有でCUBASEのプロジェクトを再生してみたところ、

音切れが気になるといった指摘がありました。

 

多人数や画面共有だと通信が混み合うのでしょうか。

不安定となる結果。

 

画面共有せずにただ会話するだけなら

多人数の場合はZOOMが圧倒的に使いやすいと思うのですが、

DTMの授業となると別の手段が良さそうです。

 

というわけで、

今のとこ最有力の手法は

挨拶や出欠確認はZOOMを使い、

講義自体はYoutubeライブ配信に切り替える、

資料の配布、データ共有などはGoogle Classroomで、

といったカンジかなと考えています。

 

ビデオ配信にも様々なアプリがありますが、

マニアックなものを採用して授業参加のためのハードルが上がってしまうのはよくありません。学生達に馴染みが深いという意味でYoutube最強です。

 

ただし、Youtubeだけにして「○○時から配信するから見てくださいね。」・・・では、生徒達とのコミュニケーションが薄くなってしまうので、やはりZOOMとの併用がよいかなと。

 

新型コロナの影響で大変な日々が続きますが、

学生達の学びの質が下がらないよう、

有意義な講義になるよう、

最善を尽くしたいと思います。

 

ポイントは

リアルが無理だから

しょうがなくオンライン化したという

スケールダウンではなく

オンラインでちゃんと充実させることです。

知恵を絞れー!

 

【オンラインDTMスクール生徒募集中!】

無料でお試しレッスンやってます。お気軽にお問い合わせください。

www.music-mam.com

おうちで楽しもう。繋がろう。「1人オンライン推進課」課長(自称)

最近は「1人オンライン推進課」
みたいな日々を送っています(汗)。
 
昨日は
オンラインDTMレッスンを2件と
北陸DTMサークルのメンバーでは初のZOOMミーティングの実施。
 

f:id:MAM_funa:20200416125246j:plain

第一回 北陸DTMサークル ZOOMミーティング
早くコロナが落ち着いて、再び「直接会う」交流もしたいものですが
(早く音楽イベントも飲み会もやりたい!)
 
現実問題として
籠もらざるを得ないみなさんの
孤独を癒す
有意義に過ごしてもらう
ことに変な使命感を感じています(何様だ/汗)。

f:id:MAM_funa:20200416125423j:plain

おうちで繋がろう。
一部では当たり前と思われるような
オンラインのやりとりも
立場が変われば
知識や経験がないという人が
まだまだたくさんいます。
 
オンライン推進課
課長(自称)
 
1人ぼっちでなんの組織でもないのですが(笑)、
きっと世の役に立つと信じて今はココに励みます。

おうち時間でDTM♪

新型コロナの影響で大変な日々が続いてますね。

 

僕はというと

レコーディングなどの音楽制作の予定が延期になったり、

専門学校や音楽教室が休講となったり、

音楽イベントが中止になったり、

少なからず影響を受けており、

 

ここ数日は

ステイホームでできること

オンラインでできること

のサービスの質を上げることに必死に取り組んでいます。

f:id:MAM_funa:20200414120825j:plain

DTMはおうち時間を楽しむのに最適!

僕はもともとオンラインでDTMレッスンをやっていたので、

今は特にそこに注力しているのですが

 

おかげさまで

その他の仕事がことごとく中止、延期となっている中、

オンラインDTMレッスンの需要だけは伸びています。

本当に感謝です。

 

当初、オンラインのレッスンは

自身の運営するDTM教室に通うことが難しい遠方の人に向けて

と発案したのですが、

 

まさか

感染症リスクから身を守るため外出自粛する方々の

おうち時間を有意義にするお手伝い

としてお役に立てることになるとは。

 

なんとも皮肉な部分もありますが、

このことに関してはいち早く取り組んできて本当によかったなと思っています。

www.youtube.com

 

5Gが広く理解されてから徐々に増えていくと思われた

オンライン〇〇、リモート〇〇といったことが急速に普及していっていることを実感します。

 

オンラインによるDTMレッスンご興味ある方は

ホームページよりお問い合わせください。

https://www.music-mam.com

 

ステイホームでもできるDTMは本当に楽しいものです。

パソコンの中にバーチャルの音楽スタジオが作られて

自分で作曲や編曲、レコーディングができるというミュージシャン体験

は他の様々な趣味と比べてもかなり面白いのではないでしょうか。

 

また、

まだまだ

オンラインで何かをするいうことがよくわからない

という方も少なくないと思いますが、

当レッスンではDTMのことはもちろん、

オンラインで何かをするということ自体が

新時代を生きるヒント、良い経験になればとも思って

DTMオンラインレッスンの普及に取り組んでいます。

 

苦しい日々が続きますが、

 

僕のおこなうDTMオンラインレッスンを通して

みなさんのおうち時間が少しでも豊かなものになれば幸いです。

新型コロナウイルスに関するCUBASEファンミーティングの対応に関して

大変な時期が続いていますね。

5/31開催予定のCUBASEファンミーティングに関しても延期を視野に入れた様々な対応、知恵が必要と判断しております。

 

今後、政府、自治体等の見解、ガイドラインなどの発表などがあるかと思いますので、そこに沿う形で決断したいと思います。

いずれにせよみなさんの安全第一で考えます。

 

尚、このような状況ながら、おかげさまで出演エントリーは定員20名に達しており締め切っています。感謝です。(あらゆる自粛要請が大きくなる前にお申し込みいただいていた方達ばかりですので、出演希望の方には全く非はありません。ご理解ください。)

 

また、観覧はまだお席に余裕があり参加可能ですが、前述のとおり延期なども視野に入れておりますので、ご興味いただけた方はまずホームページ 

https://www.music-mam.com

よりお問い合わせください。

 

先の状況が見えない中、不安もありますが、ご理解、ご協力よろしくお願い致します。

 

Stay Homeでも楽しめることに注目が集まる今、DTMでクリエイティブする時間がみなさんにとってほんのひとときの安らぎ、有意義なものになれば幸いです。

 

感染予防心がけましょう!

f:id:MAM_funa:20200310114319j:plain

 

届け!苦節2年の楽曲!情熱のメモリア

シンガーMISTYさんに2年前に提供した楽曲

「情熱のメモリア」

(作詞、作曲、編曲、全部担当しました。)

が少しづつ少しづつ

世に出ていってくれています。

 

つい先日、MVが公開され、

まるで「新曲!」な印象ですが、

実は2年前にはとっくに完成していた曲なんですよね(笑)。

 

2年越しのMV発表に至るまでに一体どんな流れがあったのか・・・

 

www.youtube.com

 

この曲の制作は

まず

2017年の終わり頃、

「来年の夏頃にシングルを出したい」

というご依頼から始まり、

そこからスケジュールを逆算して

2018年に入ってすぐ

まだまだ寒い冬の時期から

この夏っぽさ全開の曲を書いてました(笑)。

 

その後、

MISTY自身の練習期間やレコーディングを経て

春頃には完成させ、

 

2018年6月にインディーズでデジタル配信

2018年7月にインディーズでシングルCDリリース

していました。

 

当時のCUBASEファンミーティング

(僕が主催するDTM作品の発表イベント。2018/6/24開催)

でもデータ公開しています。

f:id:MAM_funa:20200312113243j:plain

その時のCUBASEファンミーティングの模様。DTMで作った曲のデータを公開し、メイキング解説をするイベントです。今年は5/31に開催します。

 

そこからしばらく時間が空いて


2019年12月に
コロンビアよりメジャーリリース!

(再レコーディング)

そして

現在に至るのですが、

 

来月2020年4月に

カラオケに入ることが決定しました。

 

カラオケに入れるのであれば

本人映像用にMVがいるよ!

 

ってことで、

この度、ついにMVの撮影もおこなわれたんですよね。

 

ちょっと珍しい展開です。

一度リリースされ、

旬が過ぎてフェードアウト

ではなく、

少しづつ少しづつ前に進んでいるカンジ。

 

なんとも粘り強い曲です(笑)。

 

みなさんもぜひチェックしてみてください。

よろしくお願いします。

 

ちなみに

カラオケで流れる曲って

実際にリリースされた音源を使ってるわけではなく、

カラオケを作る専門のプロが

耳コピで1からDTMで作り直してるんですよ。

 

僕の作ったこの曲を

他の誰かが完コピで打ち込んだ音

聞いてみたいですね!

 

 

MAMではDTMレッスンをおこなっています。

ホームページはこちら↓↓↓↓

www.music-mam.com